正しい植え方|初めてのガーデニングでも簡単に育てることができます
ガーデニング道具

初めてのガーデニングでも簡単に育てることができます

正しい植え方

フラワー

ガーデニングでの苗の植え方は、深く植えすぎず浅く植えないように気をつけましょう。ポットで植物が十分に育ってきたら、植木鉢に移し替えますが、その時にしっかり根が張っていない時や、育っている根をちぎってしまわないように注意しながら移動を行いましょう。植物を移動させる植木鉢やコンテナの土は、植物が育ちやすくて肥料の栄養を十分に吸収できるような環境が理想的になります。育てる苗の種類によって育ちやすい土を購入することができるので、苗が育ちやすい土をあらかじめ用意しておくと安心です。苗が育ちやすい環境を作りながら綺麗な花を咲かせてみましょう。これから苗の植え方についてお教えしますが、最初に植え替える苗よりも大きいサイズの植木鉢を用意しましょう。それから、植木鉢の底に網を取り付けましょう。植木鉢のそこには水を通すための穴がありますが、そこから虫が入らないように網を取りつけます。網を取りつけたら、水はけと土の通気性をよくするために砂利を入れます。入れる時はだいたい、鉢植えの5分の1ぐらい入れるとよいでしょう。次に、肥料の土と植物に合わせて購入した土を混ぜるように入れていきます。そしてここから、苗を移動していくのですが、苗を中心に植木鉢の土よりも少し上に植えつけるようにします。そして、上から苗を安定させるために土をかけていけば完成です。安定しないようなら、割り箸などで安定するまで土を整えましょう。最後に水をかけて2、3日日陰に置いて様子を見るとよいです。