基礎知識をつけよう|初めてのガーデニングでも簡単に育てることができます
ガーデニング道具

初めてのガーデニングでも簡単に育てることができます

基礎知識をつけよう

園芸道具

ガーデニングを初めて行う時は、種まきの基礎知識を事前に身につけておきましょう。ガーデニングは、初心者でも基礎知識をつけておけば簡単に正しい種まきをすることができます。ですが、種をまいてから花を咲かせるまで大変だからと諦めないでください。草や花を育てる時には、その種類に合わせた良い季節を見極めて育てる必要があります。また、育てる場所や移植ができない草花について注意しておきましょう。種まきの方法としては、種類によってまき方を考えながら行うのですが、育つ草花の大きさに合わせて植木鉢を購入してください。まず最初に、植木鉢に土をしいたら、割り箸で種をまくところに薄く筋をつけます。そして、その筋の上に、重ならないようにまいていきます。この巻き方は、筋まき、ばらまきという方法になります。次に、点まきという方法がありますが、この場合は植木場所に土をしいたら、適当な間隔に指で穴を開けて種をまいていきます。この方法の場合は、だいたい大きめの草花を育てる際に使用します。さらに、点まきには植木鉢に間隔を取ることなくバラバラにまく方法があります。この方法では、小粒な物をまくときに使いますが、まくときの注意点として重ならないようにまくことが大切です。まきかたは、紙の上に種を置いて、揺らしながら少しずつまいていくと上手くまくことができます。また、観賞用に草花を別の植木鉢に移動する際には、発芽して花が咲く前に移動したほうが手間がかからないですむことがあるので、移動予定がある種類に関してはあらかじめ移動方法を確認しておきましょう。